急行はまなすの思い出

北海道&東日本パスといえば、2016年まで運行をしていた急行はまなすの話題があがりがちです。

夜の10時ごろに青森駅を発車して、翌朝の6時頃に札幌駅に到着するこの列車ですが、
北海道&東日本パスとの親和性が相当高い急行でした。

北海道&東日本パスにおける急行はまなす

急行はまなすの乗車については、
2009年までは、自由席であれば北海道&東日本パスを持っているだけで乗車することができました。
しかし、2010年からは急行券の購入が必要となりました。
その代わりに、指定席券の購入可能となったため、通常の指定席に加えて、
ドリームカー、のびのびカーペットカー、B寝台といったように、
様々な種類の座席がある魅力的な急行のひとつでした。
ドリームカーは、夜行バス並のリクライニングと、グリーン車並のふかふかシートによって、
安眠性を高めたシートです。指定席と同値段ということで、筆者も良くお世話になりました。
これよりも上位とされていたのが、のびのびカーペットカー。
完全に横になって雑魚寝のできるシートが用意されており、枕、毛布、座席によってはハンガーも用意されていました。
現在のサンライズ出雲・瀬戸のノビノビ座席に近いものでした。
B寝台も寝台料金を支払えば乗車可能で、貧乏人ばかりが乗っている急行はまなすの中においては
最上位カーストといっても良い車両でした。筆者も何度か乗車しましたが、
寝台特急北斗星を一瞬だけ体感できるかのような良さを味わえました。

しかし、2016年の3月に、北海道新幹線の開業にともない、急行はまなすは運転を終了。
もう復活することはおそらく二度と無いとは思われますが、多くの人に思い出を刻んだ列車となりました。

東京から札幌までほぼ24時間で到着するのは急行はまなすが欠かせない

当時の時刻表を引っ張り出してくれば全てわかることではありますが、
急行はまなすが青森駅から札幌駅にむけて発車する午後10時よりも前に青森に到着すれば、
翌朝の札幌駅に6時に到着することは保証されていました。
北海道&東日本パスを使った場合、東京駅を午前6時代の列車に乗車すれば、
ギリギリ青森駅まで到着していました。
これは青春18きっぷではなし得ることができません。
その理由としては、IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道には、
青春18きっぷでは乗車できないからです。
まさに東日本に住んでいる人が北海道に行くためのきっぷであり、
逆に北海道に住んでいる人が東日本に行くためのきっぷであるといえました。

厚別ダッシュを利用すれば、東京から36時間で稚内までたどり着ける

旅をしていれば誰もが一度は行ってみたいと思う最北端の地まで、
北海道&東日本パスと急行はまなすを組み合わせさえすれば、行くことができました。
ダイヤの都合によっては、丸2日かけても厳しくなる場合もありましたが、
それを解決する手段の1つが、厚別ダッシュと呼ばれるものでした。
厚別ダッシュとは、急行はまなすに乗車して、札幌駅まで行かずに、
札幌駅の一駅手前の新札幌駅で降りて、函館本線の厚別駅まで
歩く(走る)移動するという方法です。
こちらを利用することによって、札幌発旭川行きの一本早い列車に乗車することができますので、
旭川から早い時間帯に出る宗谷本線に乗車することができました。
しかし急行はまなすがなくなってしまった今となっては、厚別ダッシュの役目は終えてしまいましたので、
もはや過去の話とはなってしまいますが、あの頃のダッシュはなかなか思い出深いものがあります。

急行はまなすは復活はないと思いますが

北海道新幹線が開業してしまったことによって、急行はまなすが青函トンネルを走ることは
おそらく二度とないと思われますが、北海道&東日本パスには欠かせない急行として、
これからも様々な人の思い出に残っていくと思います。
ちなみに、現在でも北海道&東日本パスは、「急行列車」の乗車は可能です。
臨時列車でたまに急行列車が走ることはありますが、そちらの乗車には使用できるので、
急行はまなすへの思い出をはせながら、他の急行に乗ってみるのも良いかも知れません。

北東パス旅で組み合わせると便利なフェリー【津軽海峡・太平洋編】

日本という国は島国ですので、離島も多いです。
とはいいながらも、本当に島が多いのは瀬戸内海だったりするので、
北海道や東日本の方では、フェリーを旅に組み込むというのは、
あまり馴染みがないという方のほうが多いのではないでしょうか。
しかしながら、北海道&東日本パスの旅に船旅をプラスすると、可能性は色々と広がります。
今回は離島への移動ではなく、北海道&東日本パスの移動範囲をむすぶフェリーを中心に、
ご紹介をさせていただきます。
各駅停車での移動ばかりではなく、こうした船の移動を組み込むことによって、
旅に彩りが出ますし、場合によっては宿泊も可能ですので、
移動しながら睡眠も取れるということで、可能性は無限大です。

青森~函館のフェリー「青函フェリー」「津軽海峡フェリー」

所要時間:3時間40分

本州と北海道を結ぶフェリーの中でも、
最も知名度が高いとされているのが、この青森と函館を結ぶ航路です。
北海道新幹線が開通する、そのまた前、青函トンネルが1988年に開通するまえには、
本州から北海道に渡る手段としては、青函連絡船のようなフェリーを使用するか、
飛行機を使うしかありませんでした。
現在こそいろいろな手段で北海道に渡る手段はできていますが、
未だにこの青森と函館を結ぶ航路は多くの人々に愛されています。

この航路を結ぶフェリー会社としては以下の2種類があります。
青函フェリーの方がもともと貨物船だったこともあって、最小限の施設しかないことからお値段安めですが、
津軽海峡フェリーの場合には、様々な座席種類があって快適性が高い傾向にあるので、
どちらを選ぶかはなかなか悩ましい部分が多くなるでしょう。
所要時間的には3時間40分と、本記事で紹介する中では最も短いので、
夜間に睡眠を取る目的での移動としては少々厳しいかも知れません。

・青函フェリー
青函フェリーターミナルを利用。

【青森駅から青森港のアクセス】

バスの場合は、青森駅東口6番のりば乗車15分、バス停「新田」下車から徒歩10分。
タクシーの場合には青森駅西口から徒歩10分。新青森駅からも徒歩10分。
タクシー利用の場合には割引が用意されているのがぜひ利用すべきです。
また、徒歩の場合には45分かかります。それなりに歩くので、旅の疲れと要相談です。

【函館駅から函館港のアクセス】
バスの場合は、函館駅から函館ターミナルまでは路線バスが運行しており、所要時間は約11分。
タクシーの場合には函館駅から10分、五稜郭駅から10分です。
青函フェリーと津軽海峡フェリーで乗り場が若干異なるため、注意が必要となります。

八戸~苫小牧のフェリー「シルバーフェリー」

所要時間:7時間15分

青森~函館を結ぶフェリーよりも距離が少々伸びますので、
北海道&東日本パスで早朝に東京を出る場合、
夜にフェリーで移動しながら睡眠も取れて、翌朝に苫小牧からスタートできるので、
道央・道北・道東へとアクセスがしやすい航路です。

東京を始発列車で出て八戸港に夜10時までにたどり着けばこちらのもの。
翌日の朝6時に苫小牧港に到着する、すばらしいフェリーです。
かつて、北海道&東日本パスでは「急行はまなす」という夜行列車が走っており、
青森から札幌までを約8時間ほどかけて移動できる存在がありました。
この「急行はまなす」によって、東京を始発で出て移動しつづければ、
翌日の朝6時に札幌にたどりつけるというキレイなルートが出来上がっていたのです。
北海道&東日本パス利用者としては大助かりでした。
しかし、残念ながら2016年に北海道新幹線が開通する際に運行終了となってしまいました。
上記で挙げた青森~函館航路よりも、急行はまなすに近いといえるのが、
こちらのルートであるといえるでしょう。

この所要時間が長いわりには、1日に4本程度運行しています。
ただ難点としては、駅からフェリー乗り場までの距離が少々遠いところが挙げられます。

【八戸駅・本八戸駅から八戸港へのアクセス】
八戸駅からシルバーフェリーニューシャトルバスで約40分、
本八戸駅からですと約20分かかります。
距離的にはそこまで離れているわけではありませんが、
八戸駅から中心街のターミナルを経由して移動するため、これだけの時間がかかります。
バスの運行は早朝と深夜のみで、早朝のダイヤについては八戸駅発の列車がありませんのでご注意ください。
タクシーの場合は八戸駅から約20分、本八戸駅から約15分かかります。
ちなみに、徒歩で行くのは約9kmほどあるため、旅のなかの移動としては非現実的です。
片道2時間以上かかってしまいますので、おすすめしません。

【苫小牧駅から苫小牧港へのアクセス】
JR苫小牧駅から道南バスで約20分かかります。
こちらは八戸港までのバスとは異なり、一日の運転本数が4~5本ありますので、
アクセスがしやすくなっています。
タクシーの場合には苫小牧駅から約15分ほどかかります。
徒歩での移動は八戸港と同じく、こちらも非現実的です。

仙台~苫小牧のフェリー「太平洋フェリー」

所要時間:15時間

夜の7時台に出発してから、およそ15時間ほどかけて移動をするフェリーとなります。
15時間と聞くと、それなりに長時間に感じられるかも知れませんが、
仙台から苫小牧までの移動を北海道&東日本パスで行った場合よりも早く到着できます。
夜間の移動としてはもってこいですし、設備も非常に充実しています。
船旅をそれなりにしっかりと満喫しながらも移動も兼ねられるのがおすすめです。
ただし、外洋を長時間移動するフェリーとなりますので、
どれほど船酔いをするのかが未知数な方は、いきなりこういったフェリーの乗船は控えた方が良いかも知れません。

仙台が出発地で、北海道旅行を存分に満喫したい場合には、
旅の1日目は船での移動で、旅の2日目から北海道&東日本パスを
使用する方法が適しているかも知れません。
そのような使い方をすれば、北海道を小回りで一周した上で、
仙台まで7日間で帰ってくる予定も組めそうです。

【仙台駅から仙台港へのアクセス】
仙台駅から直通のバスは本数が限られており、一日に数本しかでていません。
片道約45分となっています。
他に移動する手段としては、中野栄駅か多賀城駅まで仙石線で移動をすると、
宮城交通のバスでの移動も可能です。

室蘭~八戸~宮古のフェリー「シルバーフェリー」

室蘭→八戸 所要時間:6時間40分
室蘭→宮古 所要時間:11時間5分
宮古→室蘭 所要時間:10時間

曜日限定となり、使用する機会が限られてくるフェリーとはなります。
室蘭発の便は八戸を経由し、宮古に到着しますが、
宮古発の便は八戸を経由せずにそのまま室蘭に向かいます。
また、室蘭発の便は深夜時間帯に移動するフェリーですが、
宮古発の便は日中に移動するフェリーとなります。
夜間に睡眠を取る目的での移動は室蘭発のみとなりますが、
日中に移動する便に乗船した場合には、三陸地方の美しい景色をみることができます。
北海道&東日本パスを使用して、東北地方の太平洋側を濃厚にがっつりと旅をするのであれば、
利用をおすすめしたいフェリーとなります。
室蘭、八戸、宮古ともに、列車の時間とはあまり合っていない時間帯に運行しているフェリーとなりますので、
北海道&東日本パスの旅の予定に組み込む場合は、要注意です。

【室蘭駅から室蘭港へのアクセス】
JR室蘭駅からタクシーで約5分、JR室蘭駅から徒歩で13分となります。
駅から徒歩で気軽に向かうことができるのが室蘭港の魅力です。
また、東室蘭駅からのバスも出ています。こちらは道南バスで40分となっています。

【宮古駅から宮古港へのアクセス】
JR宮古駅からタクシーで約10分、三陸鉄道磯鶏駅から徒歩で15分です。
宮古駅からはシャトルバスが出ており、そちらですと10分で到着します。
タクシー、バス、徒歩ともに色々な手段が選択できますが、
徒歩の場合には北海道&東日本パスでは利用できない
三陸鉄道の利用を行うことにはなりますし、
北海道&東日本パスのみでの旅を行うとしたら、宮古駅からの移動が良さそうです。

以上が、北海道&東日本パスと組み合わせると便利な
津軽海峡と太平洋編の紹介でした。
ココ数年はLCCによる移動の方が時間の短縮になるという意味で紹介されてきましたが、
このようにフェリーの利用をすることによってのんびりとした旅を楽しむこともできますので、
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

また、こちらの記事で紹介しましたのは、太平洋側のフェリーのみでしたので、
次回は日本海側のフェリーについてもご紹介します。

時間のない社会人が北東パスを利用するコツ

北海道&東日本パスは、11,330円で7日間使用ができる切符(2019冬より)ですが、
利用期間が連続した7日間となってしまうがために、
青春18きっぷと比べてしまうと、どうしても使い勝手が悪くなってしまいがちです。
そこで、できるだけ長い期間、北海道&東日本パスを使用する方法について考えてみました。

週末を活かす

長期休暇の間にまるまる一週間、北海道&東日本パスが利用できるのであれば、
何も文句はありませんが、実際のところはそうもいきません。

例えば、土日月が三連休であった場合には、その前の週の金曜日を使用開始期間にすることで、
会社や学校が終わった後から旅を開始できます。
三連休はまるまる北海道&東日本パスを使えますし、その前の平日も旅が楽しめます。

飛び石となった休みを活かす

連休が取りづらい職種の場合には、なかなか長期間の旅がしにくい部分がありますが、
1週間のうち、飛び石で休みを作ったりした場合、日帰り旅をちょこちょこと楽しむことができます。
7日間のうち4日が休みだったとすると、1日あたりの値段としては、
11330÷2832.5円となりますので、北海道と東日本を自由にどこでもいけるフリーパスとしては
かなりお買い得になったりします。

空いた時間で少しだけ遠出

とにかく1週間すべてが北海道と東日本を回れると広く考えるとすると、
1日あたり1,618円以上の距離を移動さえすれば問題ありませんので、
身近だけれども微妙に離れていてちょっと行ったことがない場所に毎日行くのにも使えます。
片道810円以上の場所を往復すれば、1,620円ですので、
それ以上の距離を移動して何か目的の場所にいけば、元が取れます。
ちょっとした弾丸トリップみたいなことを毎日しさえすれば問題ないのです。
例えば、仕事終わりに東京駅から移動する場合、こんなふうに使えば、元が取れます。

1日目 東京~八王子を往復   1,640円
2日目 東京~木更津を往復   2,680円
3日目 東京~久里浜を往復   2,540円
4日目 東京~川越を往復    1,720円
5日目 東京~土浦を往復    2,280円
6日目 東京~武蔵五日市を往復 1,840円
7日目 東京~成田空港を往復  2,680円

7日間合計:15,380円
北海道&東日本パスの値段:11,330円
差額:15,380-11,330=4,050円もお得に!

とはいえ、これは結構極端で、こんなに毎日移動ばかり(しかも仕事終わり)にしていたら、
結構疲れてしまいますので、あくまでも目安となります。

元を取ることだけ考えるのであれば、土日に一気に移動する旅もあり

上記で見たように、毎日ちょっとずつ旅となると結構厳しい部分があるので、
休日に大移動&平日は小移動といった使い方をすれば、
十分すぎるほどに元がとれるはずし満喫できるはずです。
1日1,620円を支払うだけで、1週間の間、北海道と東日本であればどこでも行ける券を
手に入れたと思えば安いものであるといえるでしょう。

1週間のうちの空き時間がどれほどあるかに尽きる

青春18きっぷとは異なり、日程を分けて少しずつ使うということができないというデメリットはあるものの、
その一週間の中で時間をつくることができるほど、あちらこちらを旅したり移動したりすることができます。
学生さんの場合には時間はつくりやすいですが、
社会人の場合には上手く有給を使ったりするのも手です。
有給がまる一日とれなくとも、夜の間に移動をしたりすることもできるので、
そういったところにおいて活用できれば、良いきっぷとして使えるかと思います。

北海道&東日本パスが今ひとつな知名度な理由とは

このブログを始めた当初や、筆者プロフィールでも書かせて頂いているのですが、
北海道&東日本パスはとてもイマイチな切符という印象が私の中で強いというのが、
このブログを始めるきっかけであると伝えました。
ではなぜ北海道&東日本パスが今ひとつ世に知られていないのかを考えてみました。

名前が今ひとつ

「北海道&東日本パス」という名称が、今ひとつそもそもピンと来にくい部分が大きいように思われます。
「青春18きっぷ」だと、若者向けっぽい安旅の切符であることが想起されるので、
インパクトは非常に強めです。※18きっぷは年齢制限ありませんが。
また、「北海道」は地域としてイメージがしやすいものの
「東日本」は今ひとつイメージがしにくい部分があります。
この「東日本」は、要するにJR東日本の「東日本」にあたると思われるのですが、
範囲が非常に広いです。
都道府県でいうと……

青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県
新潟県
群馬県
栃木県
茨城県
千葉県
埼玉県
神奈川県
東京都
山梨県
長野県
静岡県

これだけの場所がありますが、
甲信越地方については東日本なのかと疑問符がつきがちですし、
静岡県に関しては熱海と伊東ぐらいしか北海道&東日本パスで利用はできません。
切符の名前と実際に行ける場所が今ひとつ一致していないように思われます。

ポスターが地味

これまた青春18きっぷとの比較となってしまいますが、
ポスターが出ていることが北海道&東日本パスは非常に少ないです。
埼玉生まれ東京在住の筆者は、これまで見たことはほとんどありません。
青春18きっぷはあちらこちらで見かけるのですが、
やはりどこかインパクトが少ないところが北海道&東日本パスにはあるのかもしれません。
ちなみに、チラシについては毎年デザインが微妙に変わっていて、
パステルカラーっぽいイメージで地図やイラストを多用したものとなっていますので、
どうしても青春18きっぷのポスターと比べると目立ちにくいのです。
18きっぷポスターにおけるキャッチコピーらしいものもありませんので。

ネットの検索でも今ひとつ見つけにくい

北海道&東日本パスは、名前に「&」が入っていることによって、
いろいろな検索のパターンが生まれてしまっているようです。

北海道&東日本パス
北海道&東日本パス
北海道 東日本パス
北海道 東日本パス
北海道東日本パス

&がついたりつかなかったりするだけでこれだけのパターンが生まれてしまいます。。
まあどの検索結果においても出てくる結果にはそこまで相違はなさそうですが、
こんなにも名前が安定して出てこないきっぷもあまりないのではないでしょうか。

北海道&東日本パスの別の名称が独り歩き

北海道&東日本パスが出始めた当初に、名前が長いという理由からか、
以下のように省略をしていた人たちがいました。

北東パス
ホクトパス
ホクトの券

この他にもあったかもしれませんが、私が見聞きした限りでは以下の3つです。
一番上の「北東パス」については、未だに利用している人も結構いて、
鉄道旅Youtuberの間では利用している人もいます。
実際のところ、「北海道&東日本パス」って名前が長くて覚えにくいですし、
「18きっぷ」のように何かしらの略称がほしいといったところから「北東パス」となったように思われます。
しかしこのような名前も今ひとつ定着しておらず、なんとなく「北海道&東日本パス」の名称のまま、
発売が最初にされた2002年から今まで来てしまったようです。

メリットが今ひとつ知られていない

北海道&東日本パスと聞いたときに、ある程度列車旅について知っている人は、
青春18きっぷの東北と北海道版みたいな立ち位置で理解されている方が多いと思います。
しかしながら、この切符の優れているところはたくさんあります。
それらについては他の多くのブロガーさんやYoutuberさんが触れていると思いますので、
割愛させていただきますが、もっとこの切符の良さを知ってさえいれば…と思うのが、
北海道&東日本パスが好きな列車旅好きとしては心苦しいところです。

というわけで、良い切符であることはたしかですが、
今ひとつな知名度のまま今年で17年目を迎えるこの切符ですが、
これからも私としては愛用していこうかなと思っている次第です。

2019年の冬に北海道&東日本パスを使用する時の注意点

2019年は平成から令和に時代が変わり、それと同時に消費税増税がありました。
その影響は北海道&東日本パスのような企画乗車券にも影響し、
2019年の冬の期間から値上げとなりました。
大きな注意点としては、この値上げについてとなりますが、
その他にも使用する際の注意点を改めて紹介します。

値上げ後は520円の値上げ

2019年の夏の期間までは、10,850円でしたが、
2019年の冬の期間から、11,330円に値上げとなりました。
通常の乗車券も2019年の10月から値上げとなったので、
北海道&東日本パスが値上げするのも致し方ない部分ではあります。

日割りで計算した場合の金額は?

北海道&東日本パスは使用期間が7日間のきっぷです。
青春18きっぷの場合は5回分の使用期間となっており、分けて使う機会が多いがために、
1回分あたりの値段にフォーカスがあたりがちではありますが、
北海道&東日本パスの場合はどのようになるでしょうか。


【増税前】
10,850÷7=1,550円

【増税後】
11,330÷7=1,618.57143…(約1,618円)

【差額】
1,618-1,550=68円


1日あたりの金額は約1,618円、値上げの金額としては68円となります。
消費税の増税が8%から10%に値上げしたことによって、
このようにわずかながらの金額に変更がありました。
とはいえ、北海道&東日本パスがお得な切符であることには全く変わりません。
1日分で考えた時にはあっという間に元を取ることができるきっぷです。

北海道&東日本パス 北海道線特急オプション券も値上げ

北海道&東日本パスを利用している時のみ、
北海道&東日本パス 北海道線特急オプション券が利用可能となります。
これは、北海道&東日本パスと組み合わせて利用することにより、
北海道新幹線「新函館北斗~新青森間」の空席と、
北海道内の在来線の特急列車の普通車自由席が乗り降り自由となるものです。
東京から稚内まで向かう場合に、こちらのオプション券を利用すれば、
2日間かけてたどり着くことが可能となります。

こちらのきっぷも今回の増税に伴い、値上げとなりました。

【増税前】
6,000円

【増税後】
6,110円

【差額】
6,000-6,110= 110円

こちらのオプション券に関してですが、お盆期間および年末年始の繁忙期には利用ができません。
2019年の夏期間にも利用をすることができない期間がありましたが、
冬期間についても同じように利用不可の期間が設定されています。

【北海道&東日本パス 北海道線特急オプション券 使用不可期間】
2019年12月28日~2020年1月6日

非常に便利かつお得なきっぷとはなりますが、
年末年始の利用には使用することができないので、注意が必要です。

以上のように、北海道&東日本パスの利用は便利なきっぷですが、
使用に関しての注意点が色々とあります。
上手く利用することによって旅がより充実することとはなりますので、
ぜひご活用ください。